ホッと安心!鍵レスキュー

鍵交換・鍵修理をするなら京都市右京区の【ホッと安心!鍵レスキュー】

お知らせ

キーレスエントリー、スマートキー、イモビライザーの車でスペアキーは作れるの?

車の鍵というと一昔前は、家の鍵のようなドアに差し込んで、解錠するものがほとんどでした。
しかし、最近ではほぼすべての車にキーレスエントリー、スマートキーなどが採用されています。
いわゆるハイテクキーです。
これらの鍵は日常で利用するのには非常に便利ですが、もし鍵をなくしてしまったときは、どうなるのでしょうか。

ハイテクキーのスペアについて
車のスペアキーは、通常の鍵であれば、下記の場所で作製することができます。
・カー用品店
・ホームセンター
・鍵専門店
・ディーラー

しかし、ハイテクキーはディーラー、もしくは設備が整っている鍵専門店でなければ作製する事ができません。
これらの鍵は、車本体と鍵がIDで紐付けられており、鍵屋ではそれらのシステム周りに対応できないからです。
ディーラーに頼む場合、費用は通常の料金ですが、その日に鍵を作製する事が出来ない為、ある程度時間を見て頂く事が必要です。
また、設備が整っている鍵専門店に頼む場合は、出張費などを含める為、費用としては割高になりますが、すぐに鍵の作製を行う事が可能です。

スペアキーの値段について
キーレスエントリー、スマートキー、イモビライザーなどのスペアキーを作製する場合の値段は、高くなります。
物理鍵であれば、300~500円程度でスペアキーを作製することが出来るのですが、電子鍵となるとその情報を再登録するために値段が跳ね上がります。
電子情報の再登録料、リモコン本体の費用によって、安くて1万円、最大でも5万円ほどかかることになります。

またこれらは、日本車のハイテクキーの登録料になります。
外車の場合は、更に高くなる可能性もあるので、鍵の管理はしっかり行いましょう。

鍵を紛失したときは
車の鍵の紛失といえば、インロックが多いですが、この場合はロードサービスもしくは近くの鍵屋に依頼しましょう。
JAFに依頼する場合は、会員であれば無料で解錠を行ってもらえます。
会員ではない場合でも12800円~16990円で解錠を行ってもらえます。
よほど緊急でなければ、近くの鍵屋で解錠を行う場合と料金を比較して安い方で、解錠を行うほうが良いでしょう。

鍵を完全に紛失してしまった場合はディーラーか鍵屋に依頼して鍵を作製する必要があります。
緊急の場合は、鍵屋に依頼したほうが、早く、安くすみます。
しかし、ハイテクキーの場合は鍵屋が対応できない場合があるので、ディーラーに依頼する他ありません。
その場合、スペアキーを作製しておきましょう。
また、鍵作製の対応をすると同時に警察に遺失届を出しておきましょう。
電話やネットで届け出を出すことが出来るので、最寄りの警察に連絡しましょう。

以上が、キーレスエントリー、スマートキー、イモビライザーのスペアキーの対応法です。
スペアキーは、緊急ではなかなか作製できないので、ない場合は早めに用意しておくと良いでしょう。

記事の詳細を記述します。