ホッと安心!鍵レスキュー

鍵交換・鍵修理をするなら京都市右京区の【ホッと安心!鍵レスキュー】

お知らせ

鍵の経年劣化について

毎日何気なく使用している鍵ですが、
モノである以上必ず年月の経過による劣化がおこります。
ホコリ、サビ、使用による経年劣化を起こした鍵は、解錠が難しくなります。

では、鍵はどのタイミングで変えればよいのでしょうか。
結論から言うと5年から10年が鍵の交換タイミングとなります。
これ以上の期間が経つ鍵は、経年劣化による故障は致し方ないといえるでしょう。
特に海の近くにお住まいの方は、潮風によって通常よりも早く劣化しますので、
鍵の状態には気をつけていただいたほうが良いかと思います。

簡単なメンテナンスとしては、ホコリの除去、潤滑スプレーを差すなどがあります。
これらを定期的に行うことで、メンテナンス無しの状態よりも長持ちさせることが出来ます。

経年劣化を見極める方法ですが、鍵の使用感でおわかりになるかと思います。
経年劣化によって古くなった鍵は、回しづらかったり、
何度もガチャガチャしてようやく解錠できるなど、使用しづらくなってきます。

また錠前も同様の事が言えます。 鍵の開け締めがしづらくなったなと感じたら、経年劣化による故障の前兆でしょう。

またこういった経年劣化よる使用感の変化で、鍵が抜けなくなることがあります。
こういった場合は特に注意をしてほしいのですが、鍵を無理に抜こうとしないでください。
ホコリの詰まりなどが原因で抜けなくなっている状態で、鍵を無理やり抜くと衝撃で鍵が折れてしまう場合があります。
鍵の破片が残ってしまうと、交換になるので、抜けなくなったときは無理に抜かないようにしましょう。

また、開け閉めがし辛いという兆候を無視して使い続けると、鍵が折れる原因にもなります。
鍵が折れてしまうと除去出来ても錠前の中に鍵の破片などが残り、結局は使用できなくなる場合が多いです。
その場合、鍵を全て取り替える必要がありますので、結果的に費用がメンテナンスをするよりも圧倒的に高くなってしまいます。
そうならない為にも鍵のメンテナンスを普段からしっかり行っていきましょう。

記事の詳細を記述します。