ホッと安心!鍵レスキュー

鍵交換・鍵修理をするなら京都市右京区の【ホッと安心!鍵レスキュー】

お知らせ

賃貸の場合、勝手に鍵交換しても良いのか?

賃貸の場合、勝手に鍵交換しても良いのか? 賃貸アパート等に引越した場合、セキュリティ面を考えると、鍵の交換を考える方も多いのではないでしょうか?
建物の管理会社が、住人が入れ替わる際に無条件で鍵交換を行っている場合には問題ありませんが、そのような案内が特に無い場合には、自分で鍵交換することも視野に入ると思います。

セキュリティ、防犯のことを考えれば、鍵交換が必要なことは明確なので、もし、入居時の案内が曖昧な場合には、必ず確認するようにしましょう。
場合によっては、大家さんや管理会社側の負担で鍵交換をしてもらえることがあります。
仮に、鍵交換に応じてもらえなかった場合でも、自分で鍵交換をしても良いのかは必ず確認しておきましょう。

自分で鍵交換を行った場合には、その建物に対して防犯性を向上させているため、大家さんや管理会社にとっても良いことのように思えますが、賃貸物件の場合、退去時には必ず原状回復しなければなりません。

原状回復とは「入居時の状態に戻す」ことを意味します。
つまり、防犯性が向上しているかどうかに関わらず、自分で交換した鍵は元の鍵に戻さなければならないことがあります。

これは、少し考えれば分かることですが、自分が退去した後、また別の住人がその部屋を借りるわけですから、退去後に住む人のことを考えれば、自分が入居したときと同じように防犯面での不安を抱くことは変わらないからです。


では、最後に要点をまとめます。

・賃貸の場合、鍵は勝手に替えてはいけない。
・管理会社側で、鍵交換をしてくれる場合があるので、入居時に必ず確認する。
・自分で鍵交換をする場合には、退去時のことも考えておく。


鍵交換をすること自体、少し面倒に感じてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、被害に遭ってからでは遅いです。
盗難の被害にあったもののほとんどは、警察に被害届を出しても戻ってこないと言われています。
お金の被害だけで済めばまだ良いですが、見知らぬ人に侵入されるという恐怖や、家の中を荒らされたり、大切なものを盗られてしまうことを考えると、「面倒だから」という理由で鍵交換を行わないのは、とてもリスクが高いと言えます。

「賃貸だから管理会社がしっかりやってくれるだろう」と勝手に思い込まず、自分で確認していくことが大切です。