ホッと安心!鍵レスキュー

鍵交換・鍵修理をするなら京都市右京区の【ホッと安心!鍵レスキュー】

お知らせ

鍵が折れてしまったら/変形してしまったら

鍵が折れてしまったり、変形してしまったら、当然ながら鍵を開けることも閉めることも出来ません。
鍵の破損や変形は、落としてしまったり、誤って折ってしまったという急激な外部の力が入ること以外にドアの開け閉めがしにくいなどの前兆があるのに無理やり力を入れることで破損や変形が起こります。
また、慌てて破損や変形した鍵を触ることで、悪化する可能性があります。その為、基本的には、ご自身で無理に直そうとはしないでください。

私たちのような、鍵のプロにすぐに連絡してください。
私たちも、出来るだけ早く駆けつけられるようにしますので、焦らずまずはお電話ください。
「急がば回れ」ということわざがありますが、まさにそれです。
ご自身で解決しようと、鍵穴に何か細いものを突っ込んで、中で折れてしまった鍵を取り出そうとしたり、変形した鍵を自分で曲げようとしたりして、かえって状態が悪化してしまうと、修理の時間が長くなってしまうことがあります。

下記に、特に多い「やってはいけないこと」をまとめましたので、ご覧ください。


<鍵穴の中で鍵が折れてしまったときにやってはいけないこと>

・鍵の周りを無暗に叩いたり、振動を与えたりする

更なる鍵の故障につながってしまいます。鍵は通常、多少の振動や衝撃には耐えられるようになっていますが、無暗に行ってはいけません。


・ペンチなどを使って折れた鍵を引き抜く

鍵が折れた際に、鍵穴から出ている部分が多ければ出来ないことはないですが、出ている部分が少なかったり、完全に中に入ってしまっている場合は、無理に工具を突っ込んだりすると、鍵の故障を招く恐れがあります。
出ている部分があったとしても、失敗すると、さらに奥に入ってしまうこともありますので、自分で出来そうでも、業者に依頼するようにしてください。


・油を使って滑りを良くする

滑りを良くしたうえで引き抜こうと考える方もいらっしゃいますが、これも危険な行為です。
油の種類にもよりますが、安易に食用の油を使ってしまうと、鍵穴の中で固まってしまうなどして詰りの原因になります。食用でなかったとしても、鍵の材質によっては、錆びの原因になるなどして、鍵を傷めてしまうことがあります。


・接着剤でくっつけて引き抜く

これはかなり危険な行為です。少しでもずれれば、接着剤で鍵穴を塞いでしまうことになります。
鍵穴が接着剤で塞がってから業者に依頼した場合、まず接着剤を取るところから始まりますので、当然ながら、修理にかかる時間も長くなってしまいます。
もちろん、折れた鍵を接着剤でくっつけて使用することもしないでください。また同じようなことが起きてしまう可能性が非常に高くなってしまいます。


<鍵が変形してしまったときにやってはいけないこと>

・変形したまま使い続ける

軽度な変形の場合はそもそも気づいていないことが考えられますが、もし鍵の変形に気づいた場合は出来るだけすぐに対処しましょう。破損の前触れだったり、鍵穴を傷つけてしまう可能性があり、修理も大がかりになってしまうことがあります。


・自分で工具をつかって元に戻す

応急的に行うのであれば、一時的には仕方のないことかもしれませんが、変形したということはそれなりの力がかかったということですので、元に戻すにも当然ながら同じだけの力をかけることになります。
多くの鍵は金属でできていますので、そのような変形が何度も行われれば、金属疲労によって破損してしまいます。


■まとめ

鍵はほとんど毎日使われていますので、時間が経てば折れたり変形したりすることは日常的に起きます。 ポイントとしては、「気づいた時にすぐに対処する」ということです。
鍵は消耗品であるということを、再度認識しておくことで、いざというときも慌てずに対処することが出来るかと思います。