ホッと安心!鍵レスキュー

鍵交換・鍵修理をするなら京都市右京区の【ホッと安心!鍵レスキュー】

お知らせ

子供に鍵を持たせるなら?子供が紛失しない対策を!

子供が大きくなると鍵を持たせる親御さんも多いと思います。特に夏休みなどの大型連休になれば、子供だけで出かけることが増え、親御さん自身が在宅していない状況も増えるのではないでしょうか。
そこで不安になることが、子供が鍵を紛失してしまうことです。
連休前に知っておきたい鍵を紛失する前にしておくと良い対策をいくつかピックアップしてご紹介していきます。
まず、具体的な紛失対策の前提として、鍵自体を無くしてしまう前に子供に鍵の重要性を教え、意識させることが必要です。
子供が鍵を始めて持った時は、家の安全を守る物という重要性の認識が薄くおもちゃのように取り扱ってしまう可能性があります。鍵を紛失すれば泥棒や強盗の侵入のきっかけになってしまいます。
子供に鍵を持たせる際はその大切さと無くした際の危険性を伝えることが肝心です。

やってはいけない紛失対策
・鍵をそのままポケットに入れさせない。
  これは、もちろん動いている最中に落としてしまう可能性があるからです。ポケットに入れるとしてもマジックテープやファスナーがついたポケットに入れるように伝えましょう。

・首からひもでぶら下げない。
  鍵の管理法としてさせがちな首からぶら下げる方法ですが、遊んでいるときに遊具等何かに引っかけてしまい誤って首を絞めてしまう可能性があります。危険なので、別の管理方法を取りましょう。

・バッグに入れっぱなしで放置しない。
  ランドセルやその他のカバンに入れておくとカバンに鍵を入れた状態で、カバンを放置して遊んでしまう場合があります。完全に手放してしまうので盗まれる可能性があります。鍵を持った状態で外にいるとき荷物を置きっぱなしにしないように子供に教えましょう。
以上が鍵を紛失しないために言い聞かせたい注意点です。
紛失対策としては、キーホルダーやキーチェーンを使って常に身に着けている状態にしておくことが理想です。
また、鍵は簡単に見せびらかさないことを伝えることも重要です。人に見えない所で且つ身に着けておくことが紛失の可能性を減らす手段です。