ホッと安心!鍵レスキュー

鍵交換・鍵修理をするなら京都市右京区の【ホッと安心!鍵レスキュー】

お知らせ

鍵穴のお手入れって何をしたらいいの?

これからの時期は台風や梅雨の影響で、鍵穴のお手入れが必要になる時期です。
放っておいてもすぐには鍵が開けにくくなったり、壊れたりはしないので、メンテナンスをしたことが無いと言う方も多いでしょう。

今回は鍵穴のお手入れについて教えます。

1.鍵穴内部のゴミを取る。
鍵穴内部にたまったほこりや小さなゴミは、掃除機があれば解決出来ます。
掃除機を鍵穴に付けた状態で鍵穴の向いている方向に揺らす事で、中のゴミが簡単に吸いだせます。

2.鍵のおそうじ
鍵の溝等は、埃や垢がたまりやすい為、歯ブラシ等で軽く掃除をしましょう。
強くやりすぎると、消耗していくので、優しく掃除します。

特に、ディンプルキーはくぼみが多くなる為、定期的なお手入れが必要です。

3.鍵穴に潤滑剤を使う。
鍵穴には専用の潤滑剤があります。たまに軽くスプレーしておきましょう。

注意事項としては、鍵穴に市販されているサラダ油等を使うのは、逆に故障の原因となります。
特にお年寄りに多いのですが、手元に専用の油がない方が近くにあるという理由で、サラダ油を利用する方がいます。 サラダ油は粘度がかなりあるため、ほこりがつくだけでなく、油自体の粘りにて動きが悪くなりますので安易に使用しないでください。
差した油に埃がくっついてしまい、鍵穴の内部で詰まりや動作不良、故障の原因を作ります。

または、黒鉛筆を利用することでも代用できます。
鍵の切り込み部分を鉛筆で強めになぞり、鍵穴に数回さして出すを繰り返しましょう。
終わったら必ず鍵につけた鉛筆の粉は拭き取ります。

お手入れを行う事で、鍵穴は何年でも使い続ける事ができます。
鍵穴自体の防犯性能は下がってしまう為、定期的な交換は必要ですが、鍵穴がすぐ駄目になってしまうよりはマシですよね。

お手入れをしたことが無いと思ったら、早めにやってみてください。